2019年02月28日

堀ちえみ 声が出た

ステージ4の舌がんを公表し22日に手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が28日、「声が出た!」というタイトルでブログを更新。「手術後初めて声を出すことができました」と報告したようです

 堀はブログの冒頭で「皆様、いつもたくさんの優しいコメントを頂きまして、ありがとうございます。全て読ませて頂いてます」と感謝をつづり、「子供たちも仕事や学校の合間を縫って、順番にお見舞いに来てくれています。日が経つにつれ、目に見えて元気になっていく私を見て、安心しているようです」と報告。

 続けて「昨日手術後初めて、声を出す事が出来ました!」と明かし、「首のリンパの腫瘍を、取り除く手術をした際に、同時に喉を切開して、そこで呼吸をしている状態でした。昨日までは空気を、鼻から出す事が出来ず、切開した喉の方へ。そうした事から、声を失った状態でした。それを昨日の午前中、声が出るように施して頂きました」と説明。「もちろん話す事はまだ出来ませんが、実際に自分の声を聞いて、とても安心しましたし、何よりもうれしかったです」と喜んだ。

 「リハビリ次第で、どれだけ話せるようになるか、というスタートラインに、何とか立つ事ができたのだなぁ、と感慨深い気持ちで一杯です」と率直な心境をつづり、「『あーっ』と声を出してみて、久々に聞いた自分の声。その声が耳に残って消えません。そのうちに声を出す事なんて、当たり前のような日が来るのでしょうが、この感動を忘れず、感謝の気持ちを持って、生きていきたいと思います」と未来に思いをはせた。

 11時間に及んだ22日の手術では、舌の約60%を切除し、太腿の筋肉を移植して再建。転移した左首のリンパ節も摘出し、25日の午前まで集中治療室(ICU)で過ごした。
posted by こばちゃん at 13:54| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

桃 猫アレルギー

フジテレビ系の恋愛バラエティー番組「あいのり」に出演していたタレント・桃(33)が27日までに自身のブログを更新。新しい彼氏が「猫アレルギー」だったことを激白。「聞いた瞬間は本当に絶望的で、先々のことを考えると、お互い別れも考えてしまった」と本音を吐露したそうです

 ペットで猫を飼っており、25日のインスタには「がわいいーーー♯ラピ♯アビシニアン♯abyssinian♯毎日腕枕」と猫を抱っこした写真を載せていた桃。

 翌26日に「付き合ってから初めての難関。」のタイトルで記事をアップ。「お付き合いを始めて9日。第1難関がやってきました。というか、かなりの難関」と前置きし、「ちょっと前から彼がうちにいるとき、目がかゆくなったりくしゃみするなぁーーって思ってて、でも、『花粉症だし花粉のせいかなぁ?』って話してたんだけど、一応検査に行ってもらったら…なんと、猫アレルギーでした」と打ち明けた。

 「こればかりは本当にどうしようもないし、誰も悪くないし、彼もかわいそうだしラピ(猫)もかわいそうだし…ラピも肩の上に乗ってきたりして、彼も嬉しそうで、すごく仲良くやってたから悲しいよ」と葛藤を吐露。「聞いた瞬間は本当に絶望的で、先々のことを考えると、お互い別れも考えてしまったんだけど…」と一時は別離まで頭をよぎったことを明かした。

 それでも「冷静に考えたら、猫アレルギーだけど猫飼ってる人なんてたくさんいるし、掃除とか頑張ったり空気清浄機買ったり、こまめにブラッシングしたりシャンプーしたり、まだまだ頑張れる事はたくさんあるよね。って前向きな気持ちになってきました 猫アレルギーだけど猫を飼い始めて、数ヶ月で猫アレルギーも治った(症状が出なくなった)って友達の話も聞けて、なんか心が軽くなった」と気持ちを切り替えたという。

 「うちではもうなるべく会わないようにするのがベストだけど、いずれのことを考えると、それも避けてられないのかなぁとも」と桃。「第1難関があまりに衝撃的すぎましたが、極度なめんどくさがり屋な私が、『よし!頑張る』って気持ちになれただけでも気持ちの再確認が出来たような気がします。この現実も全てプラスに捉えようという気持ちです」とつづっていた。

 2010年に一般男性と結婚するも、昨年7月にブログで「私たち夫婦は離れて生きる選択をしました」と離婚を発表。今月17日のブログで「ついに彼氏ができました!」と新たな交際相手ができたことを報告していた。
posted by こばちゃん at 13:27| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

羽生ゆずれない

ものまね芸人の羽生ゆずれないが25日、新芸名が、本名の「あいきけんた」となったことをツイッターで明かしたようです

あいきは16日にツイッターで改名を発表。24日まで一般公募するとしていた。

 あいきは、新芸名に1万2000通近い応募があったことを明かし「驚きと感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。「あいきけんた」という平仮名の名前にしたことには「小さなお子様から、お年寄りまで、沢山の方々に親しんでいただけるように」との思いを込めたともつづった。

 また改名した瞬間の様子が26日に放送されたテレビ朝日系「グッド!モーニング」で紹介された。あいきは「僕自身、いろいろ考えてやっていたんですが、(羽生結弦)それだけじゃなく、いろいろなモノマネを見て頂きたい」という思いから改名を決意したと説明。羽生ゆずれないという芸名をやめることに「寂しさはある」とし、ファンの中には「変えないで」という声もあったと明かした。

 1万2000通もの応募については「テレビで使えないものが多数」だったといい、中には「羽生(はぶ)よしはれない」や、「羽生(はぶ)ゆずれない」というものも。番組スタッフの「羽生(はぶ)さんはセーフ?」という質問には「羽生(はぶ)さんはアウトですね」と苦笑。結果、一番応募の多かった本名の「あいきけんた」になった。

 あいきは、一部週刊誌で、元フィギュアスケーターの小塚崇彦とホテルで美女と過ごしたなどと報じられ、それを受け、ツイッターには「芸名を変えて欲しい」などの苦情が殺到していた。
posted by こばちゃん at 15:00| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

レディー・ガガ

第91回アカデミー賞授賞式が24日(日本時間25日)、米・ロサンゼルスで行われ、歌曲賞には「アリー/スター誕生」でレディー・ガガ(32)が歌った「シャロウ」が選ばれたようです

ガガはスピーチで、家族やブラッドリー・クーパー監督に感謝、「何度くじけても立ち上がることが大事です」と大粒の涙を流した。

同作でガガは映画初主演を果たし、歌手を夢見る女性を演じた。
posted by こばちゃん at 13:41| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

西川史子 堀ちえみ

医師でタレントの西川史子(47)が24日、TBS系の生番組「サンデー・ジャポン」で、22日に舌がんの手術を受けた堀ちえみ(52)について「専門医の人に聞いた」という今後の見通しを語ったそうです

 堀は11時間におよぶ手術を受け、舌の6割と頸部リンパ節を切除。大腿の組織を取って、舌を再建した。

 西川は「舌の6割を取ったっていうことでしたので、再建に形成外科の分野で、4〜5時間とかかかってしまうんですよね。細かく縫い合わせるので」と、長時間に及んだ理由の一端を解説。

 さらに「専門医の人に聞いた」話として、「1週間くらいするとリハビリも始められて、2週間くらいするとご飯も食べたりとかしゃべったりとかもできるようになって、1カ月くらいしたら退院までできるようになる人が多いと。舌がんはわりと治りやすいがんだと言われているので、あごを取ったりとかそこまでいってないので、芸能界復帰も全然できるんじゃないかとおっしゃってましたね」と、今後の見通しを示していた。
posted by こばちゃん at 13:37| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

DAIGO

ミュージシャン・俳優・タレントと幅広く活躍するDAIGO。15日に公開された『フォルトゥナの瞳』では“クズ男”にふんし、その演技に「存在感がすごい」と感嘆の声があがっているようです

 「永遠の0」などで知られる百田尚樹の恋愛小説を実写化した同作は、死を目前にした人間が透けて見える能力を持つ主人公・慎一郎(神木隆之介)が、最愛の女性・葵(有村架純)の死の運命に必死に立ち向かう姿を描くラブストーリー。公開初週(2月16日〜17日)の全国映画動員ランキングで初登場1位を獲得する大ヒットスタートを切っている。

 そんな同作で、DAIGOは慎一郎の勤務先にやってくる客・宇津井和幸を演じた。慎一郎たちに高圧的な態度をとる憎々しい悪役ぶりを披露しており、メガネを身に着けたクールな風貌から繰り出される嫌味なセリフはインパクト大。バラエティー番組などで見せる愉快で親しみやすい普段のイメージからはかけ離れた劇中の姿に、「ビックリした」「めちゃくちゃよかった」「やっぱ役者だな」と驚きと称賛の声があがっている。

 1978年4月8日生まれのDAIGOは、2003年にアーティストの「DAIGO☆STARDUST」としてメジャーデビューし、2007年には自身がボーカルを務めるバンド「BREAKERZ」を結成。近年は映画界での活躍も目立ち、昨年は『嘘を愛する女』『ニセコイ』に出演。探偵助手を演じた『嘘を愛する女』では衝撃的なロン毛姿を披露し、人気コミックを実写化した『ニセコイ』ではギャングの幹部役で好評を得るなど、俳優としても視線を集めている。
ラベル:DAIGO
posted by こばちゃん at 14:19| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

銀魂

空知英秋氏の漫画『銀魂』が、昨年12月より完結に向けて『少年ジャンプ GIGA 2019 WINTER』で連載をしていたが、またも完結できなかったことをきょう22日発売の同誌vol.3で発表した。9月に『週刊少年ジャンプ』で完結できず、同誌に連載を移して完結を告知していたが、同号で「完結できず申し訳ありません」と報告。主人公・坂田銀時が土下座している姿が描かれた担当編集のお詫びページが掲載されているそうです

 完結できなかった理由について担当編集は「この度の『完結せず』という事態を、銀さんの姿をお借りしてお詫び申し上げます」と謝罪しながら「『あ、これ3号目までで完結しないやつじゃね?』と気付いたのは1号目の原稿待機中。DB(ドラゴンボール)パロディが6ページ分だったのを見た時です」「1号目が発表されたころの僕はといえば、『どう見ても「おわり」って続くつながる表紙』という既成事実もあり『どうあがいても絶望』状況でした」と経緯を説明。

 続けて「2号目の原稿を待つために15時間滞在する機会があったので、その間に先生と話し合いをしました。結果、『銀魂』という物語の終結を、きっちりと描いて頂くことを最優先するため、『アプリ配信』という形をとらせて頂くことになりました。最後の最後の最後までお付き合い頂ければ幸いです」と空知氏と相談した結果、物語の続きは銀魂公式アプリで掲載することを報告した。

 完結しないことが発表されるとネット上では「結局完結しないんか、あまりにも銀魂らしいな」「(完結)しますします詐欺w」「銀魂、ジャンプGIGAでも相変わらず完結してなくて笑った」「完結しないのか。いや、薄々勘づいてはいたけどさ!」などの声があがっている。

 同作は、2018年9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)42号で完結させ03年12月の連載開始から約15年の歴史に幕を下ろすはずだったが、その時に空知氏が「5回で話をまとめるのはゴリラ(空知)には無理でした。あとちょっとだけ別でやります。本来なら最後までジャンプでお届けするのが筋ですが、僕がふがいないばかりに申し訳ありません」と直筆メッセージで謝罪していた。

 その後、連載を『週刊少年ジャンプ』から『少年ジャンプ GIGA 2019 WINTER』に移し、18年12月より3ヶ月連続で刊行して今号で完結するはずだった。また、きょう発売された同誌では、表紙&巻頭カラー付き47ページのボリュームで掲載されており、キャラクター人気投票の結果や『銀魂』のアシスタント経験のある作家による制作現場の暴露漫画、関係各所からのお祝いや叱責のコメントを見ることができる。

 『銀魂』は、架空の江戸を舞台に繰り広げられる活劇物語で作者・空知氏の初連載作品。「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が、新八、神楽ら仲間たちとともに万事屋に持ち込まれたさまざまな事件を解決する。コミックスは現在76巻まで発売。テレビ東京系でのアニメ化や、俳優・小栗旬主演で実写映画も公開された。
ラベル:銀魂
posted by こばちゃん at 15:17| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

スカーレット 大島優子

NHK大阪放送局は21日、2019年度後期の連続テレビ小説「スカーレット」の出演者発表会見を同局スタジオで行い、戸田恵梨香演じるヒロイン川原喜美子の父親役に北村一輝、母親役を富田靖子が出演すると発表した。このほか、喜美子の幼なじみ役に大島優子、隣人役に財前直見が出演することも発表し、それぞれが意気込みを語ったようです

滋賀県信楽の女性陶芸家がモノを作り出す情熱などを描く
 同局によると、このドラマは滋賀県信楽の女性陶芸家がモノを作り出す情熱と喜びを糧に失敗や挫折にめげず生き、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の波乱万丈な人生の物語だという。

 舞台は1950年代〜1960年代の高度経済成長期を中心に描かれ、戸田は1937年生まれの川原喜美子を演じる。脚本は「夏子の酒」「ビギナー」などを手がけた水橋文美江氏が担当する。

北村「なんて魅力的な人間だろう」
 会見で父親・川原常治を演じる北村は「10年前に天地人という大河ドラマでスタジオパークに出たとき『次の目標は朝ドラに出演すること』と言ってたことがありまして、大変うれしく思っております。実際スタジオパークでいったのは『ヒロインがいい』と言ってましたが(笑)。今回すごくいい役で、台本をいただきましたが、今の時代にない昭和のよさというか、人間らしいというか、あきらめない強さ、ひたむきな姿などなんて魅力的な人間だろう。そんな役をやらせて頂くのはすごく幸せなこと」と話した。

富田「いろんな方々を輝かせる存在のお母さんになれたら」
 ヒロインの母親、川原マツを演じる富田靖子は「今回のお母さんは、おっとりとしたお嬢さまの感じがするお母さんと聞いております。子どもたち、お父ちゃん、いろんな方々を輝かせる存在のお母さんになれたらいいなと考えております」と意気込みを述べた。

大島「戸田さんに『いいんだよ恵梨香で』と言われ嬉しかった」
 大島は「今回、私と恵梨香は同い年ということで、役でも幼なじみということで、現場でどれくらい彼女を支えられるかという役柄でもありますし。友情としてぶつかる場面もあると思いますので、私もぶつかっていきます」と述べた。また「皆さんをなんて呼べばいいのか迷っていて、戸田さんに『いいんだよ恵梨香で』と言われ、嬉しかった」と撮影時のエピソードも披露していた。

戸田「ようやく家族にあえて、みんなすごく顔が濃いなと思った」
 最後に戸田は「ようやく家族にあえて、みなさまの顔をみていると、すごく顔が濃いなと思って。私顔が薄いな〜と思って(笑)。体作りもやっていますが、顔作りもやっていきたいなと思います。みなさんと裏で楽しくおしゃべりをしていて、スカーレットが持っているパワーがますます強くなって、みなさんに本当に元気と力を与えられる作品になるんだろうなと確信が持てました」と笑顔で話していた。

共演者に桜庭ななみ、福田麻由子、佐藤隆太、林遣都、溝端淳平、水野美紀ら
 このほかの共演者は喜美子の妹に桜庭ななみ、福田麻由子。謎の旅人役に佐藤隆太、幼馴染役に滋賀県出身という林遣都も出演。喜美子が下宿で知り合う新聞記者役に水野美紀、会見には出席していないが、溝端淳平も喜美子の下宿先の医学生で出演する。

 財前は信楽の商店街で雑貨店を経営する大野陽子役で出演。「出演者の中でも、出てくるとホッとするねという存在でいたい」と話していた。

プロデューサー「ヒロインの人生が紡がれていくのを描くのが大切なこと」
 このドラマの制作統括の内田ゆきプロデューサーは「このドラマは喜美子が女性陶芸家というの大きな柱があるんですが、それと同じくらい大切なのが、どんな人の中で育って出会って心がときめいたり揺れ動いたり、そんな中で人生が紡がれていくというのを描いていくのが大切なことだと思っております」と話していた。

 放送は9月30日から2020年3月までの予定。ロケ地は滋賀県甲賀市などで、クランクインは4月からの予定。
posted by こばちゃん at 14:12| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

一茂バブル

いまやテレビ界で、ご意見番としてなくてはならない存在にまで上り詰めたのが“ミスタープロ野球”長嶋茂雄氏の長男の長嶋一茂(53)だ。プロ野球ではいまひとつ結果を残せなかった一茂だが、歯に衣着せぬ物言いで人気となり、いまでは一茂が映れば視聴率もアップすると言われるほど。新たな“視聴率男”として君臨しているようですね

 レギュラー番組が取り立てて多いわけでもないが、いま一茂を抜きにして番組編成はできないという。民放局バラエティーディレクターがこう明かす。
「今春のテレビ番組改編の注目は、一茂じゃないですかね。今や各局にとって、彼はなくてはならない存在ですからね」

 その改編というのがレギュラー出演している「ザワつく!一茂 良純 時々ちさ子の会」(テレビ朝日系、水曜深夜0時20分)だ。昨年10月からレギュラー放送開始され、深夜というあまり視聴率を望めない時間帯だったが、本紙既報通り4月期からゴールデンに進出する。番組ホームページでは「春から金曜よる9時」としている。そんな番組の人気を支えているのが一茂だと言われている。

「一茂と石原良純、高嶋ちさ子という“空気を読めない”3人が、決まったテーマについて好き勝手に話すものですが、視聴者が楽しみにしているのは、一茂がどんな仰天発言をするのかというところ。高視聴率が期待されていますし、テレビ業界でも注目の改編なんです」(前出ディレクター)

 というのも、この改編が成功すれば、一気に“一茂バブル”となる可能性があるという。

「最近の編成会議では必ずと言っていいほど一茂を起用した番組ができないかという話が上がる。だからこそゴールデンに進出する『ザワつく!』は注目で、高視聴率になるようなら、一茂を司会や番組名にした新番組が各局、次々に作られるのは間違いないでしょう。むしろ争奪戦にもなりかねない」と同ディレクター。

 プロ野球選手としてはいまひとつ輝けなかった一茂を、ここまで大ブレークさせているのが歯に衣着せぬ物言いだ。いまのテレビ界は少しでも目立った発言をすると、SNS上で叩かれるため、情報番組でも、当たり障りのない発言に終始してしまう出演者は少なくない。

 あるテレビ局関係者は「一茂さんは、一切、そんなことを気にしてない。“パワハラ問題”についても『50回言っても分からないヤツは一度殴ったほうが早い』と大胆発言するなど、白黒をハッキリと語る。正論でも叩かれるご時世ですが、その正論をズバッと言えるあたりが、彼がウケている理由でしょうね」と話す。

 いまでは一茂がテレビに映ると視聴率が1〜2ポイントは上がるとさえ言われている。「金曜日レギュラーですが、テレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』が良い例です。他局でも情報番組をやってはいますが、その時間帯では1位の常連で、いつの間にか、テレ朝の天下。中でも一茂さんのコメントは直球で人気がある」と同関係者は言う。

 現在、一茂は年明けに放送された特番「訳あって…東京に住むのヤメました」(日本テレビ系)でも、年100日はハワイで生活していることを明かすなど、二重生活をしている。「ゴールデンになった『ザワつく!』がうまくいったら、それこそ悠々自適にハワイで年の3分の1を暮らすという自由な生活はできなくなるかもしれませんね(笑い)」(前出民放ディレクター)。一茂が大物司会者の仲間入りする日も近い!?
ラベル:一茂バブル
posted by こばちゃん at 14:47| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

ベッキー 片岡治大 加藤綾子

ベッキー(34)が、片岡治大・巨人二軍内野守備走塁コーチ(36)とゴールイン。報道によると、出会いは2018年初め。「共通の友人の紹介」だったという。

ベッキー結婚、夫は「ホンマの女好き」と東野幸治が揶揄してた

 ベッキーが「ゲス不倫騒動」を起こしたのは2016年1月。2018年初めといえば、騒動の傷がようやく癒え、仕事が増えてきたころだ。

 とはいえ「センテンススプリング」な騒動のことは日本中の人が知っている。失礼ながら、彼女を恋人候補として片岡コーチに紹介するのは、なかなか勇気がいることだったのではないかと思ってしまうが……。事実は逆だった。

「もともと、片岡コーチがベッキーのファンだった。その前はガッキーのファンだったらしいが(笑)。交際に積極的だったのは、片岡コーチのほうだ」(芸能関係者)

 かくして、2018年5月には真剣交際に発展。2019年1月、婚姻届を提出した。すでに新居も構えているという。あのベッキーにも、すべてを理解して受け入れてくれる人が現われた。はたして、片岡コーチは、「理想の夫」なのか。

 片岡コーチといえば、現役時代は俊足で有名。盗塁王4回、西武に在籍した2008年には日本シリーズで「神走塁」と名高い活躍を見せた。2014年シーズンから巨人に移籍。2017年オフに引退し、コーチとなった。

 だが「足も速いが女性に手も早い」という評判で……。

「西武時代には、当時フジテレビの加藤綾子アナと交際していた。カトパンが『ヤスくんへ』と書いた、ツーショット写真のパネルを片岡に贈ったそうだ。

 片岡は、社会人野球時代に在籍した東京ガスの同僚にも、カトパンとの交際を報告していた。だが2013年秋に夕刊紙に報じられ、別れたようだ」(プロ野球関係者)

 巨人に移籍すると、ターゲットはテレビ朝日の竹内由恵アナ(33)に変わった。

「ベッキーと同じで、竹内アナにも『ずっとファンでした』とアピールして迫った。一時はいい仲だったが、片岡の浮気が原因で別れたと聞いている」(別のプロ野球関係者)

 外野手の長野久義(今季から広島に移籍)は合コン仲間で、片岡コーチはベッキーと出会ったあとの2018年9月にも、高級イタリア料理店で、長野と一緒に合コンしたところを撮られている。ベッキー、大丈夫?

 本誌は、千葉県に住む片岡コーチの父を訪ねた。

−−ご結婚おめでとうございます。ご報告はどのように?

「……すみません。こちら、あまり関係ないんで。本人たちに聞いてください」

−−親御さんとして、文句なく祝福されていますよね?

「……はい」

 突然の取材に父は言葉少なだったが、恋愛経験を積んだ大人の2人だけに、地に足のついた結婚生活が送れるはずだ。


(週刊FLASH 2019年3月5日号)
posted by こばちゃん at 13:44| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする